知床世界遺産

知床

北海道の東端に位置する知床半島。

その中央部から知床岬にかけての地域は、日本を代表する国立公園の一つに指定されています。

知床には、半島の中心を背骨のように貫く高山から、流氷が到着する海まで、多様な自然環境がそろっています。

この知床の陸と海が生み出す豊かな生態系と、希少な動植物をはぐくむ自然環境が評価され、2005年には世界自然遺産に登録されました。

~知床自然学校の活動~

エゾシカ親子

知床の豊かな海、山、森、川、そしてそこに生息する動物たちに囲まれて過ごす自然を大切に自然に溶け込んで自然と一つになるそんな自然を心から満喫できる学校です。夏場はシーカヤックや森の散策、冬は流氷を観たり冬の知床を満喫できます。ホテルの前には色々などうぶつの森の足跡が発見出来たり自然の中でしか味わう事が出来ない時間を過ごせます。

遊ぶ ~シーカヤック~

 知床の自然を知るためには、自然の中で遊ぶのが一番、その中に身をおいて目いっぱい楽しんでこそ見えてくるものがあります。

食べる ~岩尾別ユースホテル~

その土地を知るのに、その土地のものを食べるというのは大事なことです。北海道の知床でしか食べられないもの、そして命を頂くということ…、もちろん美味しいですよ。

守る ~森づくり~

 知床の豊かな自然に遊ばせてもらい、その恵みを頂いたらか、ちょこっとだけその恩返しに、そしてできることなら次世代へと残すため、私たちは循環する生態系の基礎となる森作りを行っています。

学ぶ ~自然の中で~

 知床で楽しく遊んで、美味しく食べて、森を守って知床って良いな、自然って楽しいなって、興味を持ってもらえることが学ぶことの第一歩になります。

その興味を持ってもらえるよう、ツアーや宿泊を通してお手伝いいたします。